アトピーそして副腎機能低下症にかかった薬剤師のホリスティック医療ブログ

自分の体は自分で治すもの、自分にしか治せない。薬だけで…薬はいけない…全てを調和させていく医療を願って

プロフィール

Author:nao
始めまして

薬剤師の森下奈央子と申します

・明治薬科大学・製薬学科卒業

・日産厚生会玉川病院薬剤師勤務
・二子玉川「花みずき」調剤薬局他3カ所勤務
・銀座診療所にて研修で漢方調剤
・東中野の漢方の治療院にて漢方調剤経験あり

私自信8歳の頃にアトピーと診断されステロイドの治療を始めました。
高校3年までステロイド治療を続け、様々な体調不良を抱え、ステロイド断ちを決意。

食事療法に切り替え、全身ただれる程の激しいリバウンドを経験。

その経験から正しい薬の知識を伝えたいを思い薬剤師となりました。

西洋治療では「完治」はないと気づき

マクロビオティック、ローフード、断食など・・・様々な食事療法、フラワーエッセンスや瞑想、気功などホリスティックな治療を実践し
自分の体調の回復・精神的な成長をめざし様々な治療や学びを経験し多くの先生と出会いました。

それでも繰り返される発疹
そして右半身の硬直・痺れ
息苦しさ
関節の痛み・・・

状況は酷くなるばかりでした

そして2014年
発疹が再発
今までにない酷い発疹の状態に
痩せていき骨と皮になっていく体と全身を襲う痛み・・・

絶望の中
「副腎機能低下症」
と言う疾患を知り、出会った先生に救われました

現在回復に向かっており

この44年間
医療従事者、そして患者として
経験し、学んできた事を皆様にお伝えし
そして皆様からも
体験や知識をシェアして頂けるような場になればと思っております

一人でも多くの方が
苦しみから解放されることを願って・・・

最新コメント

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 水素風呂

表参道にある首藤クリニックにて水素風呂の温熱療法を取り入れています

こちらは水素による活性酸素の除去だけでなく

温浴によってヒートショックプロテインが増える事

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のこと
免疫細胞の働きを強化したり、乳酸の発生を遅らせるなどの力も持っているんです

風邪の時高熱が出るのは体の修復をしているからですね

約20分の温浴で体温が40度近くに上がります

短い時間で体温が上がるため

身体の負担が少なく

癌の方も多く治療にいらっしゃいます

私は1回目で

身体の状態が変わりました

身体がスッキリし、発疹がスーと引いてき驚きでした

活性酸素にも種類があり人によりさまざまで複雑な活性酸素の方は水素(サプリなども・・・)が効かない事があります

体験されないと分からないです

興味ある方は是非。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。